人間関係を良くして看護師転職を成功させよう

新しい職場で人間関係を良くするための心得とは

一般企業やアパレル業界、看護師、薬剤師などいろんなジャンルの職種がありますが、看護師ほど離職率の高い仕事はないと言われていますね。看護師は高給与というイメージが定着していますが、近年はどの医療機関でも看護師の人材が不足する傾向にあり、ハードな勤務スケジュールをこなしています。

看護師の転職理由でもっとも多いのは、職場での人間関係だと言われていますが、看護師に限らずどの職種でも、職場での人間関係をスムーズにこなすのはなかなか難しいようです。ここでは、看護師が転職した後、新しい職場で人間関係を良くするための秘訣や心得についてご紹介したいと思います。

転職先では第一印象が大切ですから、朝のあいさつと自己紹介をきちんと行い、礼儀正しくすることです。クリニックや個人医院など小規模な医療機関に転職する時は、すぐに職場の人の顔と名前を覚えられると思いますが、大規模な病院に転職すると、医療スタッフの人数がとにかく多くて、なかなか覚えられないこともあります。まずは自分が配属された診療科目の看護師と医師の名前から、早く覚えるように心がけましょう。


常に前向きで謙虚さを忘れないこと

これまで数年間の看護師の実務経験がある人でも、転職して、新しい職場に行けば、また新人ナースになります。これまで長年のナース経験が先輩あるのだから、新しい職場でもすぐに仕事ができるだろうと考える人もいますが、新しい職場ではゼロからのスタートとなりますので、先輩看護師の指示に従い、常に前向きで謙虚な気持ちを持つように心がけることです。

長年の看護師の実務経験がある人でも、新しい病院ではその職場のやり方に従うのが基本です。もちろん、時には自分の考えややり方について主張したいことも出てくるかもしれませんが、自分中心になってはいけません。

医療・看護スタッフの一員であるという自覚を持ち、その場にふさわしいふるまいや言動をすること。職場の中でひとりだけ浮いてしまうと、チームワークが崩れてしまい、人間関係を悪化させる原因となります。


人間関係を良くして看護師転職を成功させよう