病院とクリニックの看護師の仕事

クリニックと病院の働き方、仕事内容の違いは?

これから転職するのに小規模なクリニックで働くのが良いのか、それとも大規模な病院に転職するのが良いのか迷うこともあります。大規模な病院に転職すると、夜勤や残業が多くて、生活が不規則になるのではと心配する人もいるようです。

しかし、クリニックに転職した場合でも、入院病棟があれば、残業や夜勤をすることもあるので、クリニックや個人医院だからといって、必ずしも日勤のみの仕事だとは限りません。病院に転職しても、とくに病棟に配属されることがなければ、日勤のみでの仕事も可能です。

病院にもいくつかのタイプがあり、総合病院や県立病院、国立病院などいろいろありますが、大規模な病院では数多くの診療科目があり、医師や看護師などの医療・看護スタッフがたくさんいます。管理体制や教育体制がしっかりしているので、今後は看護師としてスキルアップをしたいと思うのなら、病院への転職はおすすめです。病院では、多くの看護師が正職員として働いていますが、パートの看護師もいるようです。


病院とクリニックの研修精度・教育制度について

一言でクリニックとはいっても、産婦人科や内科、外科、心療内科などいろんな診療科目があります。数多くの診療科目が設置されている病院とは違い、ある特定の診療科目に特化したのがクリニックの特徴です。

クリニックのほうが働きやすいのではと思う人もいますが、そのクリニックの診療科目や職場での雰囲気、人間関係によっても左右されると思います。長いブランクがある看護師や潜在看護師が、これから転職先を探すのに「クリニックに転職するか、それとも病院?」と迷うこともありますが、転職先に迷ったら研修精度や教育制度が充実した医療機関を選ぶと良いですね。

病院では勤務時間外に研修や教育が実施されることが多いようですが、クリニックでは勤務時間内に実施されることが多いようです。


病院とクリニックの看護師の仕事