訪問看護師としての心得

訪問看護師は介護ケアと看護ケアを兼ねたお仕事

訪問看護師という言葉をよく耳にしますが、どのような仕事をしているのでしょうか。訪問という言葉がついていることから、個人の自宅を訪問して看護ケアを行う仕事をする人のことだと想像がつきますが、訪問看護師の仕事の幅は実に広く、わかりやすく言えば看護ケアと介護ケア、その両方の要素を兼ねていると言って良いでしょう。

訪問看護では、単に、個人の自宅を訪問して健康状態を診るだけではなく、患者の身体状態により、必要に応じて身体的なリハビリや口腔リハビリなどを行います。訪問した患者にすべて同じ内容の看護ケアを行うのではなく、ひとりひとりの体質やその時の身体状態、疾病の度合い、回復状況などにより、その患者に合うケアを行います。

訪問看護師は、基本的に個人の自宅を訪問するのが仕事ですから、病院の病棟ナースのように残業や夜勤に追われることはまずありません。おもな仕事は訪問看護やリハビリですが、ひとりの看護師がずっと同じ患者を担当するとは限りません。他の看護師が担当することになっても、状況が把握できるように、患者の身体状態や看護ケアの状況などについて、常に記録を残しておく必要があります。


訪問看護師への転職で心がけておきたいことは?

これまで長年の病院やクリニックのナースとしての実務経験を活かして、今後は訪問看護師への転職を志す人もたくさんいます。「長時間、病院やクリニックの中でずっと仕事をするよりは、訪問看護師のほうが外に出られるし、夜勤がないからやりやすいのでは?」と安易に考える人もいるようです。

しかし、訪問看護師の仕事は、病院やクリニック以外の場所で看護・介護ケアを行う業務であり、働く場所が異なるだけで、患者の命を預かるというところでは、本質は同じです。訪問看護で看護ケアを行う対象となる患者の多くは、とくに今のところ病院に入院して、治療を受ける必要はないものの、定期的に看護ケアが必要とされています。

ひとりひとりの患者の身体状態や病気の症状、その日の健康状態などを細かくチェックして、患者に心理的・肉体的な負担をかけないように丁寧な看護ケアが必要となります。


訪問看護師としての心得