長いブランクがある看護師の再就職と転職について

教育制度や研修制度が充実した医療機関に転職する

長い人生の中には、結婚、出産、子育て、介護などさまざまな事情で看護の現場から離れることもあります。看護の現場では、優秀な看護師の人材が不足しており、とくに入院病棟のある病院やクリニックでは、深刻な看護師不足からひとりの看護師が担当する患者数が多くて、仕事中は息をつく暇もなく、常にあわただしく動いています。

そういった状況の中で、ブランクが長い看護師が、病院やクリニックで働きたいと思っていても、職場に復帰することはできるのでしょうか。数年間の長いブランクを経て、看護師の仕事を始めるにしても、医療の世界はどんどん進歩していて、看護ケアについてもより高度な知識と技術が求められています。
長いブランクで不安を感じている看護師は、研修制度や教育制度が充実した医療機関もありますので、転職活動を行う際に、求人サイトに登録したらキャリアコンサルタントに相談すると良いでしょう。


長いブランクのある看護師の高まるニーズ

「長いブランクがあると、再就職や転職する時に不利になり、採用してもらえないのでは?と不安を感じる人もいるようです。しかし、全国各地のどの病院でも、看護師の人材が不足しており、さらに高齢化社会が深刻に進んでいることから、治療や看護ケアが必要とされる患者数はどんどん増えています。

入院施設のある病院やクリニックでは、ベッドはいつも満室で患者が退院してもすぐに次の患者が入院してくるといった状況です。そんな中で、ひとりでも多くの看護師に入職してほしいという病院側の意向なので、長いブランクのある看護師のニーズが高くなっています。

長いブランクを経ても、看護師としての知識と技術について違和感がないように、不安を感じることがないように、丁寧にサポートしてもらえるので、その点は安心ですね。長年のブランクのある看護師には、看護と医療に関する講義を受けて机上で学ぶことはもちろん、最新の医療機器の取り扱い方などについて学ぶこともできます。


長いブランクがある看護師の再就職と転職について