准看護師から正看護師を目指すには

准看護師と正看護師、何がどう違うの?

看護師の資格には大きく2種類に分けると、准看護師と正看護師がありますが、この2つの資格の大きな違いを挙げると、准看護師は都道府県知事免許であり、正看護師は国家資格です。

正看護師は、病院やクリニックなどの医療機関において、医師または歯科医師の指示に従い、業務を行いますが、准看護師は、医師または歯科医師、そして正看護師の指示により、業務を行います。准看護師が正看護師に対して、指示を出すことはまずできません。

看護師としての知識と技能については、准看護師よりも正看護師のほうがレベルが高くなりますので、病院やクリニックで同じ仕事を任されたとしても、月給やボーナスには格差が生じています。准看護師の資格を取得して、病院に入職したものの、准看護師と正看護師にはもっているスキルの違いや月給、年収の違いもあるので、若いうちに准看護師から正看護師の資格を取得してスキルアップしたいと希望する人も多いようです。


准看護師から正看護師になるための方法とは

准看護師の仕事をしながら、正看護師の資格を取得しようと看護学校に通う人も多いようです。しかし、毎日の仕事だけでも大変なのに、空いた時間を活用して正看護師になるための勉強をするのは大変なことです。准看護師として数年間の実務経験があれば、2年制通信教育で学ぶ方法もあります。または、全日制の看護学校に2年間通学して卒業すること、または定時制の看護学校に3年間通学する方法もあります。

仕事をしながら正看護師の資格を取得したいと考えているなら、平日の勤務時間をできるだけ少なめに抑える必要が出てくるので、病棟ナースの仕事はまず無理でしょう。夜勤や残業がなく、日勤のみで週3~4日のパート看護師の仕事なら、空き時間が多いので、資格取得のための勉強をする時間に充てることができます。

資格を取得するまでの間は、収入が若干減少することも頭に入れておいて、無理のない学習計画を立てて、健康管理に気を配り、なおかつ仕事に支障をきたすことがないようにしたいものです。



准看護師から正看護師を目指すには