看護師の転職の前に円満に退職するには

看護師が円満退職するためのマナーを心得ておこう

看護師の仕事に限って言えることではありませんが、どのような仕事をしていても、自分の都合や家庭の事情などにより、退職することもあります。とくに、病院に勤務する看護詩の仕事は体力的にもハードな仕事なので、夜勤や残業が多くてきつくてやめたいと思い、退職するケースもたくさんあります。

しかし、いざ職場を離れるとなると、退職届を出すのに勇気が出なくて、今日こそは提出しようと思うのに、二の足を踏んでしまうこともあります。1度退職すれば、もう元に引き返すことはできないので、戸惑うのは当然ですが、次の職場に転職したいと思うのなら、退職しない限り、前に進むことはできません。

退職するなら、職場の人に悪い印象を持たれることがないように、円満に退職して次ぎのステップに進みたいものです。昔から「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、引き際をきれいにして退職するのが理想的な辞め方ですね。

円満に退職するには、退職日を決めてから遅くても1ヶ月前には辞表を提出することです。3月末をもって退職する場合は、2月末日までには退職する旨、職場の人に知らせて退職届を提出するのがマナーです。


円満退職は看護師求人サイトのキャリアコンサルタントに相談

現役看護師が円満退職する方法について、わからないことがあれば、登録した看護師求人サイトのキャリアコンサルタントに相談すると良いでしょう。求人サイトは、現役のうちから登録・転職活動ができるので、円満に退職する方法について、キャリアコンサルタントが丁寧にサポートしてくれます。

円満に退職するには、それなりの理由を明確にしておかなければなりません。「職場の人間関係が悪いので辞めます」などという理由を伝えるのは、あまりにも失礼です。「これからは新しい分野にチャレンジしたいと思い、今後に向けてスキルアップするために勉強する時間をとりたいので」「家庭の事情があり、看護師の仕事と両立させるのが難しくなったので」といった理由であれば、納得してもらえると思います。

退職に関する手続きの手順などについても、看護師求人サイトのキャリアコンサルタントに相談すれば、アドバイスしてもらえます。円満退職の先には転職をぜひ成功させたいという思いが強いはずですから、次のステップに進むためにも、ここはふんばりどころですね。


看護師の転職の前に円満に退職するには