看護師転職サイトの逆指名制度とは

あの病院で働きたい! 求人が出ていない!時は逆指名制度を活用

看護師転職サイトに限って言えることではありませんが、さまざまなジャンルの求人サイトや転職支援サイトに登録して、転職活動をしていると、ウエブサイトに逆指名制度という文字が表示されていることがあります。

逆指名制度と聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、プロ野球に入団する際にドラフト制度と呼ばれる制度があり、これからプロとしての活躍が期待される新人の野球選手から、入団を希望するプロ野球の球団を選ぶことができる制度について、ご存知の方も多いのではないでしょうか。選手にとっては、子供の頃からのあこがれの球団に入団できるので、夢を叶えることができるという点では、メリットが大きいと思います。

看護師転職支援サイトの逆指名制度も、この制度と同じようなシステムだと考えれば、わかりやすいと思います。たとえば、転職支援サイトに登録していて、働きたいと思う病院があるのに、求人が掲載されていない、公開求人だけでなく、非公開求人としても紹介を受けることができない、そのような場合に、こちらから働く事を希望する病院について、キャリアコンサルタントに伝えておくと、病院に直接交渉してもらい、求人が出ているかどうか確認してもらえます。


運が良ければ希望する病院やクリニックにスピーディーに入職

看護師転職の逆指名制度の最大のメリットをあげると、運が良ければ自分が働きたいと希望する病院やクリニックに、スピーディーに入職できることです。公開求人・非公開求人ともに求人が見つからない場合に、キャリアコンサルタントに相談すると、病院やクリニックの人事担当者に交渉して、今後求人が出る可能性があるかどうか、そして、求人を出す見込みがあれば、人事担当者からキャリアコンサルタントに連絡が来る場合もあります。

求人を出すタイミングが良ければ、希望する病院やクリニックに入職できる可能性は十分にありますので、このような逆指名制度のシステムが導入されている求人サイトで転職活動をする機会があれば、ぜひとも活用したいですね。

逆指名制度で看護師転職を有利にするには、なんといってもキャリアコンサルタントのサポート力と交渉力が決め手になります。あしは、自分の努力次第で、看護師としての施設無経験とスキルを活かせる職場に入職すれば、転職は大成功ですね。


看護師転職サイトの逆指名制度とは