20代看護師の転職事情

20代の看護師は職場の人間関係や仕事内容で悩んでいる

20代の看護師は、30代・40代の看護師に比べると、実務経験が少なくて、どの診療科目が自分にもっとも合っているのか、クリニックや個人医院、病院などの医療機関の中でどのような職場環境が自分に合っているのか、試行錯誤をしている段階です。

30代・40代の中堅看護師やベテランナースとして、第一線で活躍しているナースも、20代の頃、看護学校を卒業して就職したばかりの頃は、新人だったので、このような悩みを抱えていました。最初に就職した職場で、長年働き続けたいと思っていても、仕事の内容が合わないこともあれば、職場での人間関係がうまくいかないなど、常に悩みがつきものです。

配属先によっては、ひとりの看護師が受け持つ患者の数が多く、医師と看護師、患者との人間関係が複雑で、体力的にも精神的にもダメージを受けるナースもいるようです。20代の看護師は、毎日が勉強で毎日が試練の日々なのかもしれません。


20代看護師は多彩な分野にチャレンジして視野を広げてみては

20代の看護師は、まだまだ経験不足で30代・40代の看護師からみれば新人の立場ですから、職場で言いたいこともなかなか言えず、我慢することもあるかもしれません。しかし、20代の看護師は30代・40代の看護師にはない武器として、若さと体力があります。

若いうちにいろんなことを経験して視野を広げることができるのも、20代看護師ならではの強みですから、ひとつの職場にとどまることなく、イヤなことがあっても我慢するよりは、思い切って退職して、新しい道を切り開くチャンスと考えてはいかがでしょうか。

20代で独身の看護師は、思い切ってこれまでの環境から離れて離島ナースに転職するのも良し、都市圏の病院で働いて多くのことを学び、吸収するのも良いと思います。30代・40代になると、結婚・出産・子育て・介護などさまざまな事情で遠くで働きたいと思っても、なかなかできることではありません。

若さと体力、そして何でも貪欲に吸収できるのは、20代のうちですから、退職を機に自分が本当にやりたいと思うことにチャレンジしてはいかがでしょうか。


20代看護師の転職事情