30代看護師の転職事情

30代の中堅看護師は新人教育係として貴重な存在

20代の看護師よりも30代のナースのほうが、実務経験が長くて看護師としてのスキルも高くなっています。30代ですでに婦長など、責任の重い仕事を任されている看護師もいるほどですから、ひとつの職場に長くとどまっていれば、役職がついてくるので、月給・年収がどんどんアップします。

日本人女性の初婚年齢が下がっていて、今は20代の独身女性だけではなく、30代の独身女性も増えています。30代で結婚しても、仕事を続ける看護師も多く、出産後は子供を託児所や保育所に預けて働くママナースもたくさんいます。

30代の看護師は、長いナースライフの中でもっとも油が乗った時期なのかもしれません。20代の頃は、まだ新人だったので先輩看護師に言いたいことも言えず、我慢したこともあったと思いますが、30代になると実務経験を積んでいる分、余裕が持てるようになります。

しかし、その一方で、新人看護師の教育係を任されて上に立つ者としての責任の重さを感じて職場での人間関係に悩む30代看護師も少なくないようです。


30代看護師は産業看護師や治験の分野にキャリアチェンジ

30代になると20代の頃よりも少し体力が落ちるものの、長年の実務経験とスキルを活かして、これまで働いていた病院を退職して、企業看護師(産業看護師)や治験の分野にキャリアチェンジする人もいます。20代の看護師は、自分がどの分野に適しているのか、方向性を見極めることに悩み、職場の人間関係に悩み、不安定な部分もありましたが、30代になると看護師としてのキャリアを持ち、自分なりのポリシーやビジョンがはっきりしてきます。

30代には、結婚・妊娠・出産・子育てとライフワークの変化が起こる年代でもあり、自分のライフスタイルにあわせてた働き方について、真剣に考えるようになります。その一方で、本当に自分に合う仕事は何なのか、方向性を見極める時期でもあります。
キャリアチェンジして成功に導くには、30代のこの年代でもっとも適しているものと思われます。




30代看護師の転職事情