40代看護師の転職事情

40代看護師は介護の分野に転職するナースが急増中

20代・30代の頃は、看護師としてのキャリアを積んで、職場では人間関係にもまれながらも、長年に渡り、ひとつの職場で働いてきましたが、40代になると家庭と仕事を両立させるためにも、そして自分が本当にやりたい仕事を目指して、企業看護師や介護施設に転職するケースもみられるようです。

これまで長年、正職員の看護師として第一線で活躍してきて、40代になってからは体力的にもきつくなるので、派遣やパートといったワーキングスタイルで働くナースも増えてきます。中には、これまで病院の婦長や新人看護師の教育係など、責任の重い仕事をしてきた看護師が、介護や企業看護師などこれまでとはまったく異なるジャンルに転職するケースも、珍しいことではありません。

病院の病棟ナースの仕事を続けるには、残業や夜勤は体力的にもきついものです。長年働いてきて、それなりに蓄えもあるので、今後はがむしゃらに働いてお金を貯めることよりも、働く時間を少し減らして本当に自分がやりたい仕事を選び、仕事に生きがいを持てるようになるのが、40代看護師転職の特徴です。


40代看護師に合ったワーキングスタイルとは

40代の看護師が、これから転職しようと思えば、病院やクリニック、診療所や個人医院など転職先はいくらでもあります。40代になると、子育てがようやく落ち着いて一段落する時期であり、長年の看護師としてのキャリアもあり、自分に合った働き方について考える時期でもあります。

40代で転職する看護師について、転職したい理由やきっかけは人それぞれいろいろありますが、おもな転職理由は「時間にゆとりをもって、いい仕事がしたいと思うようになった」「このまま病院の看護師を続けていれば、高収入をキープすることはできても、新人看護師や中堅看護師からは、お局様のようにうっとうしい存在になるのでは。」「収入よりも、自分に合う働き方をしたい。」など実にさまざまです。

長年の病院の看護師の経験を活かして、今後は介護施設のナースに転職する人も多く、高齢化社会が深刻な状況にあることを痛感させられます。40代看護師は、体力的なことも考えて、残業や夜勤なし・日勤のみの仕事を希望する人が多く、とくに正職員として働くよりも、週3~4日出勤でパートとして働く人も増えています。


40代看護師の転職事情