看護師転職は美容系のクリニックが人気の理由

美容系クリニックの看護師は残業や夜勤なし・日勤のみ!

看護師が働く場所は、病院やクリニックなどがありますが、その中でも内科や小児科、外科や消化器科などさまざまな診療科目があります。近年の看護師の転職の傾向として、長年病院で働いてきたナースが、今後は美容外科や美容皮膚科など、美容系クリニックに転職するケースが増えていると聞きます。

美容系のクリニックに人気が集中する理由をあげると、とくに入院施設がないので夜勤をすることがなく、日勤のみの仕事なので、勤務スケジュールが安定しています。とくに、これまで長年に渡り、病棟で働いてきた看護師は、夜勤や残業に追われて多忙な日々を過ごしてきました。生活が不規則になり、体力的にもきつい仕事ですから、離職率が高くなっています。

美容系クリニックでは、病気やけがの治療をするのではなく、美意識が強い女性が多く訪れており、美容治療が行われているので、とくに緊急の対応に追われることもなくて済みます。本来は、看護師は患者の命を預かる仕事ですが、美容系クリニックでは、強いて言えば、美容をサポートする仕事だと考えると良いでしょう。


美容系クリニックは有給がとりやすいのが魅力

病院と美容系クリニックについて、休日について比較すると、有給休暇はありますが、病院の看護師は毎日患者の対応に追われていて、有休をとりたくてもとりにくくなることもあります。有休があるのに十分に消化しきれない場合もあるようですが、美容系クリニックでは、もともと入院患者がいなくて通院のみの診療が中心なので、朝から夕方まで患者の対応に忙しく追われることは少なく、有給をとりやすいようです。
看護師として毎日忙しく働くことは必要ですが、休日をとり、空いた時間に看護師としてのスキルアップを図ることも必要です。

美容系クリニックには、20代、30代の若い看護師が多い傾向にありますが、他の医療機関に比べても基本給が高めに設定されているので、以前働いていた職場よりも給料が極端に下がることはなさそうです。



看護師転職は美容系のクリニックが人気の理由