企業看護師ってどんなお仕事?

病院の看護師から企業看護師(産業看護師)に転職するには

多くの看護師は、病院や個人医院、クリニック、診療所などの医療機関で働いていますが、近年は介護施設に勤務する看護師も増えており、その一方で、企業内にて働く看護師が急増中です。

とくに、大企業には、従業員の健康管理や社内の衛生管理を任されている企業看護師が常駐しているところも多く、産業看護師とも呼ばれています。病院で長年勤務した経験を活かして、今後は企業看護師に転職するナースも増えており、今後はますますニーズが高くなりそうです。

企業内において、保健師や看護師が必要とされる理由は、従業員の健康管理や衛生管理を行うことによって、質の高い労働力が提供されるようになり、企業の生産性を高めることができます。

現在、企業看護師として勤務している人は、企業の一社員として働いている人もいれば、派遣などのワーキングスタイルで仕事をしている人もいます。


企業看護師のおもな業務とは

企業看護師(産業看護師)は、企業内でどのような仕事をしているのでしょうか。もっとも重要な仕事は、企業内の従業員の健康管理を行うことです。従業員の健康を管理するには、ひとりひとりの社員の健康状態をチェックする必要があります。

健康診断の計画・準備・実施、そして結果が出たらデータの管理を行います。保健指導を行うのも、企業看護師の重要な仕事であり、社員のメンタル面でのケアが求められることもあります。

学校の保健室の先生のように、社員が仕事中にけがをした場合や、頭痛がして業務に支障が出るような場合は、企業内保健室にて応急的な処置を行うこともあります。万が一、企業内保健室では処置が十分にできないような大けがをした場合や、大きな病気にかかったと思われる場合は、医療機関との連携を速やかに図るのも、企業看護師の重要な仕事です。

企業看護師を目指すには、看護師転職支援サイトに登録して、求人を検索するか、キャリアコンサルタントに相談すると良いでしょう。


企業看護師ってどんなお仕事?