上京ナースに転職する看護師急増中

スキルアップを目指すなら上京して転職しよう

地方に住んでいる人が東京など首都圏に行って、転職することを上京ナースといった呼び方をすることがあります。近年は、上京ナースが増えているとも言われていますが、地方から首都圏の医療機関の看護師に転職することによっては、どのようなメリットがもたらされるのでしょうか。

若い女性なら誰でも1度は、東京に住んでみたいと強いあこがれを抱くことでしょう。東京は、日本の首都であり、ファッションと文化の発信地でもあります。そして、医療の分野でも、最先端の治療が行われており、看護師としてのスキルアップを目指して、今後のナースライフに役立てたいと奮闘する看護師もたくさんいます。

これまで数年間は、病院のナースとして働いてきて、1度は上京してもっと専門性の深い看護ケアについて、真剣に学びたいと向上心旺盛な看護師も多く、地方の病院では学べなかったことが、東京では学べるのが魅力ですね。


上京ナースの看護師の転職先を探すには

地方に住んでいて、首都圏の病院に転職したいと希望しているなら、全国対応型の看護師転職支援サイトに登録して転職活動を行うのが早道です。首都圏の病院では、どの診療科目で仕事をしたいのか、正職員や派遣などどんなワーキングスタイルで仕事をしたいのか、転職支援サイトに登録したら、すぐにでもキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

転職支援サイトによっては、上京ナースを積極的に採用している医療機関と提携しているところもあります。上京する場合、看護師の仕事の給料や年収について気になることと思いますが、地方からの上京なので引っ越しにかかる費用や住む場所も気になることと思います。

医療機関によっては、寮が完備されているところもありますので、その辺のところも応募する前にキャリアコンサルタントに相談して、雇用条件や仕事の内容などに納得した上で応募すると良いでしょう。上京ナースとして働く場合、正職員として雇用されるケースももちろんありますが、3ヶ月~6ヶ月程度の期間限定の派遣ナースとして雇用される場合もあります。


上京ナースに転職する看護師急増中