看護師転職の前の心得・注意点とは

看護師転職の目的と今後の目標を明確にしよう

看護師の仕事に限らず、どのような仕事をしている人でも転職を真剣に考えた経験があると思います。20代の若い頃は、職場での人間関係につまずいてしまい、とくに目的もなくただ辞めたい、今の職場から離れたいという気持ちが強く、勢いにまかせて転職したものの、転職先でも満足のいく結果が得られずに、さらに転職を繰り返す人もいるようです。

今までの職場について、ただ不平不満を並べたところで、何の問題の解決にもならず、理想的な転職が目指せるものではありません。

このような最悪の事態にならないためにも、1度だけの転職で「これまでの職場を辞めて良かった。転職して本当に良かった。」と思えるようにしたいものです。そのためには、どのようなジャンルに進みたいのか、どんなワーキングスタイルで働きたいのか、今後はどこまでスキルアップしたいという気持ちがあるのか、転職の目的と今後の目標を明確にしましょう。



看護師の転職の成功とは自分らしく働ける働き方が理想的

看護師の転職に成功する人もいれば、「転職なんてしなければ良かった」と後悔する人もいるようです。転職の成功の失敗、この差はどんなところにあるのでしょうか。高給与で休日の多い職場に転職して、周りからみればうらやましい感じなのに、人間関係が複雑で仕事としてのやりがいが感じられずに、転職してから間もないうちに退職して、また転職を繰り返す人もいます。

給料が高くて休日が多くて、人間関係が良くてやりがいのある仕事ができる、このようにすべての条件が満たされた職場に転職できれば理想的なのかもしれませんが、自分の希望を100%満たした職場は、そう滅多にあるものではありません。

少しぐらいなにか不満に思うことはあっても、これまで培ってきた看護師の実務経験とスキルを活かせる職場であれば、やりがいが感じられることと思います。給料が以前の職場より少し下がっても、スキルアップすれば資格手当や技能手当がプラスされることもあります。新しい目標と希望を持ち、転職して第二のナースライフを充実させてはいかがでしょうか。


看護師転職の前の心得・注意点とは