介護の分野に転職する看護師について

看護師が介護の分野に転職するメリットとは

高齢化が急速に進んでおり、数年先には高齢者の湿る割合が3人のうち1人になるであろうとも言われています。そんな状況の中で、近年は病院の看護師から老人ホームや老人保健施設などの介護施設に転職するケースが急増中です。

介護施設に通院・入所する高齢者の命を預かり、介護・看護ケアを行うのが介護士や看護師に与えられた使命です。ここでは、看護師が介護の分野に転職するメリットと、デメリットについて考えてみたいと想います。

介護施設では、優秀なヘルパーやケアマネージャー、介護福祉士などの介護スタッフの人材が不足しておいる中で、高齢者の看護ケアを行う優秀な看護師の人材が求められています。これまで病院のナースとして働いてきた看護師が、介護施設に転職するメリットをあげると、勤務スケジュールが安定していることが挙げられます。

ただし、老人ホームや老人保健施設のように、入所者がいる介護施設では、夜勤をする場合もありますので、介護施設の求人に応募する際には、確認しておきましょう。


看護師が介護施設に転職するデメリットとは

介護の分野に転職するのに、求人が少なくて転職先を探すことに困ることは、まずないと思いますが、高給与の求人を探すのは難しいかもしれません。介護施設で働く場合、病院の病棟ナースのように、患者の対応に追われて日中忙しく働くとまではいきませんが、仕事が少し楽になる分、病院で働くよりも、給料が下がる可能性が高くなります。

病院のナースから介護施設の看護師に転職することについて、「仕事が楽でこっちのほうが働きやすいから」と思っている人も少なくないようです。介護施設の看護師は、入浴前に脈拍をとり、通所者や入所者の健康状態を把握するのも大切な仕事ですが、ヘルパーと同様に、介助を行う場合もありますので、けっして楽な仕事ではありません。

これまでは看護師としての長年のキャリアがある人でも、介護施設に転職するとなると、介護スタッフのひとりとしてみられるようになります。ベテランナースであっても、多方面に転職すれば新人と同じですから、プライドが高い人には向いていない場合もあります。


介護の分野に転職する看護師について