看護師の仕事と子育てとの両立

子育てと看護師を両立させるなら託児所付の病院に転職しよう

看護師の仕事はけっして楽な仕事ではなく、きつい仕事ではありますが、資格は一生ものですから労働意欲があれば、仕事をずっと続けることもできます。現在、看護師として働いている女性の中には、子育てと立派に両立こさせている人もいます。

子供のいる看護師のことをママナースといった呼び方をすることもありますが、中にはシングルマザーの人もいるので、朝から夕方までほぼ1日仕事をするとなると、子供を保育所や託児所に預けなければなりません。

地域によっては、保育所に子供を預けたくても預けられず、待機児童が多いところもあります。子育てと看護師の仕事を両立させたいと思うなら、託児所などの保育施設が完備された病院に転職することをおすすめします。

夜勤や残業をする日でも、24時間体制の託児所に子供を預けていれば、安心して仕事を続けることができます。このような好条件の求人を探しているなら、看護師転職支援サイトに登録して、キャリアコンサルタントに転職相談すると良いでしょう。


看護師と子育てを両立させるための求人の選び方

看護師の仕事と子育てを両立させるためには、どのような求人に応募すれば良いでしょうか。夫の扶養家族として看護師の仕事を続けるなら、週3~4回のパートの看護師の仕事がおすすめです。子育てと看護師、そして課程とすべて両立させるためには、フルタイムで働く正職員だと、身体的にも精神的にも負担になります。

看護師の仕事は、患者の命を預かって看護ケアを行う仕事ですから、仕事がきつくて課程に支障をきたしてしまうようでは大変です。パート看護師として働く場合でも、スーパーやコンビニのパートやアルバイトに比べると、収入が高いので、週3~4日程度で十分です。

シングルマザーが看護師の仕事を続ける場合は、託児所が完備された病院やクリニックで働くのが理想的です。24時間体制の託児所とともに、寮が完備されていれば住む場所に困ることもなく、金銭的な負担を抑えることができます。


看護師の仕事と子育てとの両立