看護師転職支援サイトの逆指名制度とは

逆指名制度が導入された看護師転職支援サイトがおすすめの理由

今や看護師の転職はインターネットを活用するのが当たり前となり、全国各地に数多い転職支援サイトが存在する中で、付加価値の高い求人サイトに登録して転職を有利にしたいものです。看護師転職支援サイトには、独自のサービスが提供されており、非公開求人が充実したサイトもあれば、逆指名制度を積極的に採用しているサイトもあります。

逆指名制度とは、仕事を探していて転職活動をしている看護師が、お気に入りの病院やクリニックなどの求人を指名することを言います。通常は、ネット上に公開されている求人の中から、応募する求人を選びますが、自分の希望条件に合わない場合、または応募したい求人が見つからない場合に、「うちの近くにある●●病院に転職したい」という意思を看護師転職支援サイトのキャリアコンサルタントに伝えます。

キャリアコンサルタントは、希望に添うように、指名された医療機関の人事担当者に直接コンタクトをとり、現在看護師の人材を募集しているかどうか尋ねます。看護師を募集している場合は、キャリアコンサルタントが面接の日時の調整を行うなど、交渉を代行してくれます。このような逆指名制度を活用して、自分が本当に働きたい病院に転職できれば、本望ですよね。


希望条件をキャリアコンサルタントに伝えることの大切さ

逆指名制度が導入された看護師転職支援サイトが増えてきましたが、この病院で働きたい、ぜひここのクリニックに応募したいといった形で、キャリアコンサルタントに希望を伝えても良いですが、特定の医療機関でなくても、月収や通勤距離、通勤時間、今後転職を希望する分野などについて、希望を伝えることもできます。

たとえば、「自宅からの通勤時間が30分以内で、小規模なクリニックや個人医院に転職したい。希望する診療科目は内科、整形外科、小児科など。日勤のみの勤務で日曜日と祝日が休日であれば良い。」といった感じで、希望する条件を伝えると良いでしょう。

パソコンやスマホのインターネットで、希望条件で検索して求人を探すこともできますが、キャリアコンサルタントと積極的にコミュニケーションをとることで、お互いにより良い信頼関係を築くことができます。


看護師転職支援サイトの逆指名制度とは