良質な病院の求人を見極めるには

看護師の病院の求人情報のチェックポイントは?

看護師の転職先は病院やクリニック、心理要所や個人医院、離島の小さな医療機関、介護施設など多彩なジャンルがありますが、これまで数年間の病院の看護師としての実務経験を活かして、今後も病院で働くことを希望するナースもたくさんいます。

病棟で働く看護師は残業や夜勤が多く、ハードな勤務スケジュールをこなすのが精一杯で、もう少し時間にゆとりを持ち、安定した勤務スケジュールで仕事をしたいと思い、転職を志す人もいます。

看護師転職支援サイトに登録して、転職活動をするのに、病院の求人情報が多数掲載されていて、どんなポイントで求人に応募すれば良いのか戸惑う人もいるようです。中には、給料やボーナス、手当、休日などを重視して求人に応募する人もいますが、それよりももっと大切なことがあります。病院の規模の大きさ、現在勤務している医師や看護師の人数、病床数などをチェックしてみましょう。


はっきりとした目標を持って求人に応募すること

病院に転職することによって、何を期待しているのか、何を理想としているのか、よく考えてから応募すると良いですね。中には、「今働いている病院の仕事がきつくて、もっと休日が多い病院に転職したい。」という人もいます。

「今後は新たにスキルアップしたいので、外科や消化器科の診療科目の看護師として仕事がしたい。」といった感じで、目標をはっきり決めると良いでしょう。どの診療科目の看護師になりたいのか、病院の規模などが重要ポイントになると思います。

「人間関係が良い職場に転職したい。」「休日が多い職場に転職したい。」というのは転職理由にはなりません。自分にとって都合の良い職場を求める人は、転職してからの苦労が多いものです。転職支援サイトに登録しておくと、キャリアコンサルタントが希望に見合う求人を紹介してくれるサービスもあるので、まずは自分の希望について伝えておくと良いですね。病院の内部事情に精通したキャリアコンサルタントがいると、応募前の不安を解消できると思います。


良質な病院の求人を見極めるには