看護師から助産師への転職

助産師と看護師ってどんな違いがあるの?

これまで病院やクリニックの看護師として働いてきた人が、今後は助産師に転職するケースも増えていますが、看護師と助産師はどのような違いがあるのでしょうか。産婦人科クリニックなどの医療機関での実務経験がある看護師は、助産師の仕事にも興味を持ち、今後は助産師に転職するケースもありますが、看護師と助産師の大きな違いを挙げると、資格の種類が異なることにあります。

看護師には2種類の資格があり、国家資格の看護師は正看護師と呼ばれており、都道府県知事免許の看護師は准看護師と呼ばれています。助産師として働くには、これとは別に助産師の資格を取得する必要が出てきます。

助産師の資格は看護師と同様に国家資格ですが、すでに正看護師の資格を取得している人は、助産師の国家試験を受験することが可能です。助産師と看護師は、仕事の内容にも大きな違いがあります。看護師は患者の看護ケアを行うのがおもな業務ですが、助産師はその名の通り「お産」のスペシャリストであり、医師の指示を受けて出産の時に分娩に関わる介助ができるのは、助産師のみです。


どんな看護師が助産師に向いているの?

これまでの看護師としての実務経験を活かして、今後は助産師に転職したいと希望に胸をふくらませる看護師も多いようですが、人それぞれ向き・不向きがあります。
「私は赤ちゃんが大好きなので、病棟ナースよりも産婦人科で助産師として働くほうが向いているかなと思って。」と考える人もいますが、助産師の適性について考えてみると、ただ赤ちゃんが好きなだけではつとまりません。

妊娠・出産を経験した女性ならわかると思いますが、お産にかかる時間は長く、いつどんな時にお産が始まるかもわかりません。夕方から産気づいても、生まれるまでには長い時間がかかり、夜中から明け方にやっと生まれることもあります。

病棟ナースの場合、毎日ハードな勤務スケジュールに追われてはいても、今日は日勤、明日は休みでその次の日は夜勤・・・と、事前にスケジュールが決められています。助産師は、出産に関わる仕事なので、陣痛が始まったら、お産に立ち会い、終わるまではその場を離れることができないので、精神力と体力が必要です。


看護師から助産師への転職