治験看護師 (CRC) への転職について

転職するなら治験看護師が大人気! CRCってどんなお仕事?

近年は、治験看護師に転職するケースが増えていますが、そもそも治験看護師とはどのような仕事のことを指しているのでしょうか。治験看護師のことを治験コーディネーターともいい、英語で「Clinical Research Coordinator」といい、頭文字をとってCRCと言います。

病院やクリニックで働いている看護師は、医師の指示に従い、患者に対しての看護ケアを行うのが仕事ですが、CRCは、治験業務全般についてサポートするのがおもな仕事です。または、医療機関で、治験に関する責任を負う医師の指示のもとに、とくに医学的な分野とは異なり、治験に関する業務を行うのがおもな仕事です。

治験を始める前に、実施計画書に基づいて必要に応じて研修を行い、治験と関わるスタッフとの連絡やスケジュール調整などを行います。治験看護師は、患者に対して直接的に看護ケアにあたることはなく、治験に関する業務とともに、被験者と関わり、適切な対応をします。


治験看護師に転職するナース急増する理由とは

近年は、病院の看護師から治験の分野に転職を希望するナースが急増しているとも言われています。その人気の理由について考えてみると、病院の病棟ナースのように、残業や夜勤に追われていて休む暇もなく、不規則な勤務スケジュールが続くようでは、体力的にも精神的にもつらいものです。

その点、治験コーディネーターの仕事は、企業の正社員または派遣社員として仕事をするので、週末が休日で勤務スケジュールが安定しています。看護師と治験コーディネーターの年収を比較すると、夜勤や残業が多い看護師に比べると、治験コーディネーターは少し下がるものの、安定した働き方ができるというところでは、メリットが大きいと思います。

看護ケアを行うのではなく、治験に関わる専門的な知識と事務的な処理能力、医師と被験者との関わりが深いことから、しっかりとしたコミュニケーション力が求められます。今のところ、CRCに関する資格などは存在してはいませんが、薬剤に関わる仕事ですから、薬剤に関する知識が深い人や、薬剤師としての実務経験がある人は、採用されやすいようです。


治験看護師 (CRC) への転職について