看護師転職の前に! 面接対策を入念に準備しよう

看護師転職は志望動機を明確にしよう

看護師の仕事をしていて、今すぐにでも転職したい人もいれば、半年後から1年以内に転職したいと考えている人もいますが、応募してから避けては通れないのが面接ですよね。看護師の仕事に限らず、どんな仕事でも必ず面接が行われていますが、必ず質問されるのが以前働いていた職場を退職した理由、そして志望動機です。

面接で必ず聞かれる質問はこの2つなので、きちんと答えられるように準備する必要があります。事前にある程度、答えを用意しておけば、いざという時にあわてることもなくて済みます。

ただ、あまりにも丸暗記したようなマニュアル的な答えだと、「本当にこの人は、やる気があるのだろうか」と受け取られることもありますので、きちんと自分の言葉で誠意をもって答えることです。転職の前に、以前の職場を退職した理由、そして志望動機についてきちんと明確にしましょう。


看護師転職の得前に自己分析をしよう

看護師転職の前に、自分の長所と短所を知ること、そして自己分析をすることも大切ですね。転職を希望する多くの看護師は、インターネットを活用して転職支援サイトに登録して、パソコンやスマホでお仕事探しをしていますが、中には自分の実務経験やスキルに対して求人の仕事内容が見合っていない場合もあります。

中にはあまりにも高望みをしてしまい、給料が高い病院に応募する人もいますが、採用されたものの、実際には基本給が低く、残業や夜勤が多いところもあります。人にはそれぞれ分相応というものがありますから、あまり高望みをしないで、自分の実務経験やスキルに見合う職場を探すことです。

応募する前に、自分の長所と短所、実務経験やスキルについて、自己分析してみると良いでしょう。面接の時にはどんなに取り繕っていても、面接官はプロなので、すぐに見抜かれてしまいます。面接の時には、志望動機や退職理由、そして長所や短所などについて質問されることもあります。

面接での印象が悪くなるからと思い、長所だけを話す人もいますが、短所について話しても、印象が悪くなるわけではなく、人間には長所もあれば短所があって当たり前ですから、ありのままに正直に答えましょう。


看護師転職の前に! 面接対策を入念に準備しよう