看護師転職は面接の第一印象が大事! 髪型と服装に気をつけて

看護師転職で面接にはスーツで行くのが基本

看護師の転職をぜひ成功させたいと思うなら、履歴書や職務経歴書の書き方、そして服装と髪型など身だしなみにも十分に気をつけましょう。ラフな格好で面接に行くのは、応募先の面接官に対して失礼です。面接はスーツで行くのが基本ですが、スーツを着ていればどんな色の服でも良いというわけではありません。

とくにリクルートファッションのような服装をして行く必要はありませんが、スーツの色合いとしては、派手な赤やピンクは、面接にはふさわしくありません。ベージュや濃紺、グレーなどの色が無難です。シャツの色は、濃い色ではなく薄いピンクやブルー、クリーム色、白などがおすすめです。面接時の服装は、自分の服の好みを優先するのではなく、応募先の面接官の立場で好印象を持たれるように心がけましょう。


看護師転職で面接に行く前に髪型と髪の色に注意しよう

シャツとスーツを買い揃えていざ面接へ! しかし、服装をきちんと整えていても髪の毛の色が茶色や赤など目立つような色に染めているようでは、面接室に一歩足を踏み入れた瞬間から、不採用が決定することは間違いないでしょう。看護師の転職を成功させたいと願うなら、社会人としての常識のある行動をとり、服装と髪型に気を配るのは当然のことです。

髪が長い人はきちんと束ねて置くと、清潔感が感じられます。とくに髪を束ねない場合は、おでこと耳が出るようにすると明るい印象になります。髪が前にかかっていたり、髪がぼさぼさになっていると、暗いイメージになります。

看護師は、病院の中で仕事をするので、清潔感のある服装と髪型に整え、面接に行く前に爪をきちんと切り、靴は黒や黒に近い色、またはグレーやベージュ色のローヒールの靴を履きましょう。ブーツやハイヒール、または派手な色の靴は面接には不向きです。

面接では、面接官の視線が足元に集中するので、常に人から見られていることを意識して、頭のてっぺんから足先まで十分に気を配りましょう。


看護師転職は面接の第一印象が大事! 髪型と服装に気をつけて