看護師転職の面接のマナーをきちんと守ること

看護師転職の面接では謙虚さを忘れずに

看護師の転職をぜひ成功させたいと願うなら、履歴書や職務経歴書の書き方、そして面接のマナーをきちんと守ることです。応募者数が多い場合は、履歴書と職務経歴書による書類選考が実施されることもあります。書類選考に通過した人のみ、面接試験が受けられる場合もありますので、面接の前にすでに履歴書と職務経歴書を作成した段階で、採用試験がすでに始まっていることになります。

看護師の転職には、応募先の病院やクリニックが決まったら、決められた面接の日時に遅れないように到着することです。面接でやってはいけないことは、面接時間に遅れないことです。

時間に間に合うように早めに出かけたつもりが、バスに乗っていて交通渋滞に巻きこまれてしまい、万が一、遅れて到着した場合は、必ず電話で連絡をして遅れた理由を話すことはもちろん、一言お詫びの言葉を伝えるようにします。このような事態が起こりうることも想定して、なるべく早めに到着するように心がけることです。

看護師転職を志すなら、常に謙虚さと礼儀正しさを忘れず、社会人としてのマナーをきちんと心得ておきましょう。


看護師転職で履歴書を持参する時の注意点

看護師転職でこれから面接を受けるのに、その場で履歴書や職務経歴書を渡す場合、どのような点に注意すれば良いでしょうか。まず、履歴書と職務経歴書の書き方ですが、必ず自分で書くのが基本です。

当たり前のことなので、何を今更と思うかもしれませんが、中にはパソコンで履歴書や職務経歴書を作成する人もいるので、必ず手書きのものを用意します。面接の時に履歴書や職務経歴書をその場で渡す場合、日付は面接を受ける日を書き入れます。

面接を受ける時に、どのタイミングで渡したら良いか、戸惑うこともあるかもしれませんが、面接室に入室して、すでに面接官が席に座って待っている場合は、「△△と申します。履歴書を持参しましたので、よろしくお願いいたします。」と挨拶して渡します。

履歴書を渡したら、面接官が開封して中身を見る間、指定された場所に着席します。面接官から、履歴書や職務経歴書の内容を見て質問されることもありますので、冷静に落ち着いて質問にはきはきと答えましょう。


看護師転職の面接のマナーをきちんと守ること