看護師転職の面接での質問と上手な答え方

看護師転職の面接で落とされる人とは

看護師の転職の成功を目指すには、当然のことですが、面接試験をクリアしなければなりません。応募者が殺到する場合は、履歴書と職務経歴書による書類審査が行われ、この段階で落とされることもあります。運が悪ければ次の面接試験を受けることもできなくなります。

もっとも、このような採用試験は、応募者がかなり殺到した場合のことですから、通常は面接試験を受けてクリアすれば採用してもらえます。全国的にどの病院でも、看護師の優秀な人材が不足する傾向にありますので、面接を受ければ採用してもらえるものと思うかもしれませんが、すべての人が採用してもらえるわけではなく、落とされる人もいるわれけです。

面接で落とされる人もいれば、採用してもらえる人もいますが、その差はどのようなところにあるのでしょうか。面接で落ちる原因として看護師としての実務経験が不足していてること、この程度のスキルを求めているのに、スキルがまだまだ足りないこと、志望動機がはっきりしていない、この病院で働きたいという意欲が感じられない、自己主張が強いなど、さまざまな原因があります。

不採用通知が届いた場合、すぐに次の応募先を探す前に、なぜ落ちたのかその原因について自己分析することも必要です。


看護師転職成功を目指すなら面接をクリアしよう

面接が苦手な人も多いようですが、看護師転職の成功を目指すなら、面接をクリアしなければなりません。ここはふんばりどころだと思って、全力を出し切りたいものです。
面接で必ずといって良いほど聞かれる質問には、退職理由と志望動機です。仕事を辞めることについては、人それぞれさまざまな事情があるとは思いますが、面接官によっては履歴書を見て頻繁職場が変っている場合、根気がなくて人間関係をスムーズにこなすことができないと判断することもあります。

面接官によっては、「この病院での採用が決まったら、どのような仕事をしたいですか。」と入職後のことを質問することもあります。面接試験では、採用通知を受け取ることを一生懸命に考えていて、入職後のことまで気が回らない人もいますが、この質問の答え方次第で、その人の志望動機や労働意欲が見えてくるものです。以前の職場ではできなかったような専門性の深い看護ケアをしたい、近い将来には認定看護師の資格取得を目刺し、看護の現場で活かしたいといった将来的な展望などについて、話してはいかがでしょうか。


看護師転職の面接での質問と上手な答え方