看護師の転職で応募先での面接時の注意点

看護師転職の面接で質問して良いことは?

看護師の転職を志して、最初の難関が面接ですが、面接官からどんな質問をされるのだろうとドキドキしながら質問に答えるのが精一杯ですよね。一通り質問された後に、面接官のほうから「なにか質問はありませんか」と聞かれることもあります。

この時になにか質問したほうが、積極性があって良いかも!と思い、質問する人もいれば、とくにこれといった質問する内容を考えていないので、「とくにありません」と言って、その場を過ごす人もいます。面接官から「質問はありませんか」と聞かれて、とくに聞きたいことがなければ、無理に質問する必要はありません。

そして、質問する内容については、社会人としての常識をわきまえた上で質問することです。たとえば、給料やボーナスはいくらもらえるのか、有給はあるのかといったお金に関する内容について、面接の場で質問するのはタブーです。

この面接に合格すれば、採用されるわけですから、おもに仕事の内容に関する質問をすることです。この病院に採用されたら、どの診療科目でどのような仕事を任されるのか、新人看護師や長いブランクのある看護師への研修制度や教育制度が導入されているのかといった質問があれば良いですね。


苦手な面接をクリアするには事前に何度も練習しよう

看護師転職を成功させるには、苦手な面接をクリアしなければなりません。面接を受ける機会は少ないので、何度も何度も練習を重ねると良いでしょう。看護師専門の転職支援サイトや求人サイトで転職活動をしている人もたくさんいますが、キャリアコンサルタントが親身になってサポートしてれるので、面接の受け方や履歴書の書き方などを聞いてみると良いでしょう。

転職支援サイトによっては、面接に同行してもらえるところもありますので、キャリアコンサルタントがついてくれると、心強いですよね。面接に同行してもらえる場合は、応募者から面接官には直接言いにくいことでも、勤務条件などについて交渉してくれることもありますので、面接日までにキャリアコンサルタントとコミュニケーションをとり、なにか希望があれば話しておくと良いですね。


看護師の転職で応募先での面接時の注意点