正看護師と准看護師の平均年収は

看護師の給料が気になる! 正看護師と准看護師の平均年収は?

看護師は、一般企業に勤務するOLと比べても月給・ボーナス・年収が高いと言われていますね。看護師は高給取りだとよく言われていますが、患者の命を預かり看護ケアを施す仕事をしているので、当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

看護師になるまでの道のりは険しく、専門的な知識と技能を身につけて医療や介護の現場に従事する看護師は、職場では医師や看護師、薬剤師、患者との人間関係に頭を悩ませることもあると思います。

看護師の仕事は、職場によっては残業や夜勤をともなうこともありますので、勤務スケジュールがきつくて精神的にも体力的にもきつい仕事です。看護師の年収はどれくらいなのか気になるところですが、正看護師と准看護師の資格によっても、格差が生じています。また、看護師の実務経験の年数によっても、平均年収には格差が生じています。


看護師のワーキングスタイルによっても年収に格差が生じる

看護師の平均年収は、実務経験や資格の違い、勤務する場所によってもかなり格差が生じることがあります。正看護師は国家資格であり、准看護師は都道府県知事免許ですから、看護ケアの知識と技能について比較すると、正看護師のほうがレベルが高くなります。

正看護師のほうが、より専門的なケアを行うことができるので、平均年収は准看護師と比較しても格差が生じています。現在、正看護師として働いているナースは、年収600万円以上の人もたくさんいます。経験年数が長くて、国家資格としての看護師の資格を取得していることはもちろん、専門看護師や認定看護師などの資格を有する人は、さらに資格手当や技能手当が支給されることもあります。

長年、病院に勤務する看護師は、病棟のリーダーとして新人看護士の教育係を任せられることもあり、婦長になると役職手当がつくので、さらに給料がアップします。夜勤や残業が多ければ、その分時間外手当がつきますので、年収が高くなります。


正看護師と准看護師の平均年収は