病院の医師や看護師など一緒に仕事をしている人の年収は?

病院に勤務する医師や薬剤師など看護師以外の人の年収は?

病院では、医師や看護師、薬剤師などが働いていますが、病院で一緒に働いている人の給料はどのくらいなのでしょうか。医師や看護師、薬剤師はいずれも国家資格であり、病院によっては都道府県知事免許の准看護師が働いているところもあります。

医療機関の規模や治療のレベル、受け持つ患者の数などにもより、年収には格差が生じていますが、病院の医師の平均年収は約1000万円とも言われています。個人医院やクリニック、診療所に勤務する医師は、病院で働く医師よりも休日が多く、患者の数も限られているため、年収はこれよりも低くなります。

同じ医師でも歯科医は、外科や小児科、内科などの医師と比較するとやや低く、平均年収は580万円程度です。病院やクリニックなどの医療機関に在駐する薬剤師の平均年収は、約520万円と言われています。

医師や看護師、薬剤師の他には、臨床検査技師やレントゲン撮影などを行う放射線技師などがいますが、臨床検査技師の平均年収は約470万円、放射線技師の平均年収は約510万円となっています。



准看護師と正看護師の年収アップの秘訣はスキルアップ

病院やクリニックなどの医療機関には、直接治療や看護に携わることなく、リハビリ専門のスタッフもいます。作業療法士や理学療法士の平均年収は、約390万円と言われているので、薬剤師や臨床検査技師と比較するとやや低くなっています。そして、都道府県知事免許である准看護師の平均年収は、全国平均で約400万円、そして国家資格である正看護師の平均年収は、約470万円ですから、准看護師と比較すると約70万円もの差が生じています。もちろん、職場の規模や実務経験の年数などによっても、格差が生じています。

准看護師だと平均年収が低いので、もっと給料やボーナスが高い職場に転職したいと考えている人もいるようですが、それでも民間企業のOLに比べたら十分満足できるくらいの年収だと思います。収入の面でどうしても不満だと思うなら、転職を考えるより先に、看護師としてのキャリアアップ・スキルアップを目指してはいかがでしょうか。


病院の医師や看護師など一緒に仕事をしている人の年収は?