男性看護師の年収について

医療機関で男性看護師のニーズ高まる

看護師は女性の仕事であり、まさに天職といった感じですが、その一方で近年は男性看護師の数が少しずつ増えていることをご存知でしょうか。看護婦と呼ばれていた時代もありましたが、近年は看護師と呼ばれるようになり、女性だけではなく男性の看護師のニーズも高くなっています。

小規模なクリニックや個人医院などの医療機関では、依然として女性の看護師のみですが、大規模な病院では診療科目によっては男性看護師が勤務しています。女性の看護師は、既婚者が多く、残業や夜勤をするのが大変ですが、その点、男性看護師なら女性に比べて体力も十分にあります。

気になるのは、男性看護師の給料や年収ですが、女性の看護師と給料やボーナスはほとんど変らず、残業や夜勤の日数を増やしていけば、その分時間外手当がつくので、給料アップの見込みがあります。病院の規模や地域性、看護師の経験年数やスキルなどにより、年収には格差が生じてはいますが、男性看護師の平均年収は450万円と言われています。


男性看護師はやりがいがあり、安定した仕事

男性看護師の平均年収は、一般企業のサラリーマンと比較すると、高くなっています。企業の規模や地域性、実務経験にもよりますが、サラリーマンの平均年収が約400万円と言われており、男性看護師の平均年収は約450万円で、病院によっては年収500万円を超えるところもあります。

一般の企業のサラリーマンは、収入が安定しているといったイメージがありますが、長年の不景気により、大企業がいつ倒産しても不思議ではありません。その点、男性看護師は、資格を取得していて労働意欲があれば、仕事が続けられるので、安定した仕事と言えるでしょう。

勤続年数が長くなるにつれて昇給の見込みがあることはもちろん、残業や夜勤、資格手当や役職手当が支給されるようになると、さらなる月給・年収アップが期待されます。欧米諸国では、医療機関での男性看護師のニーズが急速に高まっており、日本国内ではまだ欧米諸国ほどではありませんが、少しずつニーズが高くなっているようです。男性看護師は、やりがいがあり、景気に左右されることなく、安定した仕事です。



男性看護師の年収について