専門看護師を目指す看護師が増えている

専門看護師を目指すナースが急増中! 資格取得を目指すには

専門看護師とは、日本看護協会による認定資格制度のひとつであり、質の高い看護ケアを目指すものです。日本看護協会では、専門看護師の他にも認定看護師、認定看護管理者といった3種類の認定資格があります。国家資格とは違い、専門看護師は認定資格ですから、資格を取得した後は5年ごとに認定更新を行う必要があります。

専門看護師を目指すなら、看護学校に進学する段階で視野に入れておいたほうが良いかもしれませんね。現役看護師が専門看護師を目指す場合、実務経験が5年以上で、そのうち3年以上は専門看護のジャンルにおいて実務経験がある人、または5年以下の実務経験でも、資格取得を目指すことは可能です。

看護学校に通学している段階で近い将来に専門看護師の資格取得を目指す場合は、大学院のCNSコース(専門看護師を養成するためのコース)があります。


今なぜ専門看護師の資格取得を目指すナースが増えているの?

専門看護師を目指すナースが増えていますが、病院で患者の看護ケアを行うだけではなく、より専門的な看護ケアの知識と技術を学び、身につけることによって看護と保健医療福祉の分野で活躍できるようになります。

専門看護師の資格を取得することによって、昇給や昇進の見込みはおおいに期待できると思いますが、単に高収入が得られるからという目的だけではなく、社会に貢献すること、これが最大の目的です。

専門看護師の名の通り、より専門性の深い看護ケアを施すわけですから、看護師の資格さえあれば誰もができるわけではありません。資格取得のための条件が定められているので、その条件を十分に満たしている人は、今後のスキルアップのためにチャレンジしてはいかがでしょうか。

現在までに、専門看護師の資格を取得した看護師は、まだまだ少ない現状です。資格取得を目指して研修を受講していく中で、同じ目的をもった仲間がいるので、モチベーションを上げて目標意識が高まり、さらに質の高い看護ケアができるようになります。


専門看護師を目指す看護師が増えている