看護師と保健師の資格を取得することはできるの?

看護師と合わせて保健師の資格を取得するメリットとは?

現在、看護師として働いている人の中には、保健師の資格も合わせて取得している人も多いようです。保健師も看護師も、看護職であり、看護職にはもうひとつ助産師の資格もこれに含まれています。

このような観点から、看護ケアを専門的に行う看護師、そして保健師としての視点で看護ケアを行うことも大切なことです。将来的に看護師の仕事をしたいと考えているけれど、保健師の資格も取得して、看護師としての視野を広く持ちたい、保健師の資格を取得することで、就職・転職に有利になることも考えて、資格を取得しておきたいと考えている人も多いようです。

在学中に看護師と保健師の資格を両方合わせて取得しようと思えば、受講する科目も増えて単位を取るのが大変ですが、学生のうちに苦労して資格を取得しておくと、将来役に立つことがたくさんあります。いずれも国家試験ですから、看護師と保健師の試験に両方とも合格する必要があります。


看護師と合わせて保健師の資格取得で仕事の幅が広がる

保健師と言えば、わたしたちが身近によく知っているところでは、小学校や中学校に在駐していて、ころんでけがをしたらすぐに保健室に行って、けがの手当をしてくれる保健師がいます。近年は、学校でのいじめが多く、教室で授業を受けずに保健室で過ごす生徒も増えているようです。

保健室は、けがの手当をする場所でもありますが、生徒のメンタルケアを行う場所でもあり、ストレス社会と呼ばれる現代では、保健室は子供たちにとっては心のよりどころなのかもしれません。

患者の看護ケアを専門的に行う看護師とは違い、保健師には、メンタルヘルスに関する知識と技能も求められているようです。保健師が働く場所は学校や企業、保健所などがあります。現在、全国各地に約6万人の保健師がいますが、今後はさらに保健師のニーズが高まることでしょう。看護師と合わせて保健師の資格を取得すると、仕事の幅がより広がるものと思われます。


看護師と保健師の資格を取得することはできるの?