看護師と養護教諭の資格を取得しよう

養護教諭ってどんなお仕事?

現在、病院やクリニックの看護師として勤務している人は、養護教諭の資格を取得している人も多いようです。養護教諭という言葉を聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、わたしたちが身近によく知っているところでは、小学校や中学校の保健室の先生ですね。

保健師については、学校保健法と呼ばれる法律に基づき、国家資格の保健師の資格を取得した人が学校の保健師として仕事ができるのは専門学校や大学の保健室に限られています。小学校や中学校、高校の保健室の先生は、養護教諭の資格を持っています。

専門学校と大学に常駐している保健師は、とくに生徒に直接的に健康に関する教育を行うことはまずありませんが、小学校や中学校や高校では健康に関する教育が行われているからです。


養護教諭を目指すにはどんな方法があるの?

そもそも保健師は、健康管理や衛生管理を行い、病気やけがの予防するためのサポートをしています。保健師が働く場所はたくさんありますが、近年はとくに産業看護師、産業保健師として働く人が増えているようです。

簡単に言えば、企業内の保健室に勤務する人のことをいい、従業員の健康管理や企業内の衛生管理を中心に行う仕事です。将来的に企業に勤務する看護師を目指すなら、企業看護師を目指してはいかがでしょうか。

小学校や中学、高校の保健室の先生を目指しているなら、合わせて養護教諭の資格取得が必要になります。現在、全国各地に約6万人の保健師がいますが、今後はさらに保健師のニーズが高まることでしょう。ストレス社会と呼ばれる現代では、心のケアが求められるようになり、メンタルヘルスに関する知識を身につけておくと良いでしょう。

看護師の仕事をする人にも、保健師の仕事をする人にも、幅広い知識を学ぶことによって、看護や保健福祉の分野において、活かすことができます。看護師と合わせて保健師の資格を取得すると、仕事の幅がより広がるものと思われます。



看護師と養護教諭の資格を取得しよう