看護師と助産師の資格を取得しよう

看護師とともに助産師のニーズ高まる

看護師の資格とともに、助産師の資格取得を目指す人が増えているようです。看護師の資格取得が目指せる4年制の大学に通っている人は、看護師と助産師の資格取得を目指し、就職・転職をより有利にしたい、好条件の病院で働きたいという希望が持てると思います。

その名の通り、助産師は出産に関わる仕事のことを指していますが、近年は少子化の影響で、助産師のニーズが低くなっているのでは?と思うかもしれませんね。でも、けっしてそんなことはなく、むしろこのような時代だから、助産師のニーズが高まっているので、なにも案ずることはありません。

助産師の仕事の内容について、簡単に言えば「出産時に立ち会い、赤ちゃんが誕生するのを見届けて取り上げること」これが助産師の仕事であり、使命です。しかし、助産師の仕事はそれだけにとどまることなく、妊婦や新生児の保健指導を行うことも大切な仕事です。妊婦に対して運動や食事に関する指導、健康管理、出産後は母乳に関する指導など、妊娠・出産、そして育児について指導を行います。



新しい生命の誕生の感動の瞬間に立ち会えるのが助産師の魅力

看護師と助産師の資格を合わせて取得することで、就職・転職に有利になることはもちろん、専門的な看護ケアに関する知識と技術、そしてお産に関する知識と技術を身につけられるので、日常生活においても活かすことができます。

助産師の資格を取得することによって、病院やクリニックの助産師として働くことはもちろん、将来的に助産院を開業することも可能です。助産師は、その名の通り、お産をサポートするのが仕事であり、出産する時に正常な分娩での介助ができます。万が一、正常な分娩の見込みがないと判断する場合は、産婦人科医の指示を受けて、スムーズに出産できるようにしなければならないので、助産師は単独ではなく、医師との連携を図る必要があります。

現在、助産師として仕事をしている人は、病院の産婦人科や保健センター、助産院などで活躍の場を広げています。助産師の仕事には向き不向きがあるとは思いますが、子供が好きな人、奉仕精神が旺盛な人に向いています。この仕事の魅力は、なんといっても新生児の誕生に立ち会い、新しい命が生まれる感動の瞬間を見られることです。


看護師と助産師の資格を取得しよう